天才クールスレンダー美少女になりたい

ふぁぼんが適当なことを言うブログ

実録 私はこうやってJOI2018/2019予選D問題を通した(遅延セグ木で)(でも遅延セグ木いらんかった)

なぜかJOI予選通過しました。 ABCD4完で400点でした。D問題を通せなかったら当然落ちていたので、だいぶ危ない橋だったと思ってます。

DをACした流れがそこそこ壮絶(大袈裟な表現)だったので、ネタとして面白いかと思い記録に残そうと思います。ついでに予選体験記も書きます。

免責事項

この記事に書かれているDの解法はとても迂遠です。本当は座標圧縮も遅延セグ木も、なんなら累積和すら必要ありません。めっちゃシンプルな解法が存在します。

競プロのレートが上がるというのは、単に難しい問題が解けるようになるということだけじゃなくて、無駄な遠回りをしないようになるということなんですよ。知らんけど。

予選前

やる気がなかったので一切精進をしなかった。6月16日のABC100以来約6ヶ月ぶりの競プロで、本番前に問題を解いたりすらしなかったので完全に舐めプだった。

ちなみに、12時まで某進という塾で現代文の授業を受けてました。帰宅しておにぎり食べてパソコンに向かって準備してたら一瞬で開始時刻になった。ぶっちゃけ休みたかった

A問題

普通にループで回せばいいのに、算数的なO(1)解法を書いたらWAだった。
言い訳をすると、初めは普通に解けると思ってたんです。ボーナスでやっと超えるコーナーケースの存在に気が付いていませんでした。

10分消費。コーディングが遅すぎますね。

B問題

普通にシミュレーションするだけ。14分消費。コーディングが遅すぎる。

コーディングだけじゃなくて数学とか化学とか物理の試験もめちゃくちゃ遅いので、恐らく共通の原因がある。単に慣れていないからだと思うし、努力量でカバーしないとどうにもならないのは分かってるんですけどね。

C問題

OXOXと並んでいるとこを数えるだけ。10分消費。この時点で34分が経過している。

D問題(15点解法)

とりあえず、高さの種類だけが問題であることが分かる。で、大昔にちらっと読んだ蟻本によれば、こういうときに座標圧縮というテクニックを使うといいらしい。

座標圧縮なんて人生で一度も書いたことがないので、とりあえず書き方をググる

どうやら、シェルスクリプトでいうところのsort | uniqをすればいいらしい。その後はインデックス(これが圧縮後の値になる)と元々の値の対応をmapか何かで保持しておいて、入力データを対応する圧縮後の値に置き換えていく。C++だとstd::uniqueとstd::vector::eraseという関数があって、これをセットにすることでコマンドのuniqと同じようなことができるっぽい。

あと、圧縮するときに高さ0も追加するのを忘れないようにする。

あとは高さごとに島を数えて最大値を出力する。15点分の部分点をゲット。ここで48分消費、この時点で82分が経過。

D問題考察(そして遅延セグ木の登場)

考察しているうちに、山の頂上(関数でいうところの極大)と谷の最下部(関数でいうところの極小)だけ考えればいいということに気付きました。

f:id:fabonya:20181213204112p:plain

実際には「山の斜面」は段々ですけど、段々だと考えても島の数(ここでは3つ)は変わりませんね?

さらに、海面が横切った数は島の数の2倍です。この図だと6回横切っていて3つ島があります。海面が高さ0だと2回(両端)通過してて島の数は1(両端の高さを0にするのを忘れないように)、海面が最高峰を超えると1回も横切らないので島の数は0になります。

そして、ちょっと変形するとこうなりますね?

f:id:fabonya:20181213211507p:plainf:id:fabonya:20181213211510p:plain

結局のところ、線分が最もたくさん重なっている部分を求める問題に帰着します。で、これって範囲加算を繰り返して最大値を取れば答えが出ますよね?

f:id:fabonya:20181213213608p:plain

この場合だと、要素数6の配列を全部0で初期化して、

  1. 0から3までに全部1を足す
  2. 2から3までに全部1を足す
  3. 2から2までに全部1を足す
  4. 1から2までに全部1を足す
  5. 1から4までに全部1を足す
  6. 0から4までに全部1を足す

こうすると、配列の中身は2,4,6,4,2,0になります。配列の最大値は高さ2のときの6で、このとき島の数は3ですね。

注: 谷間が海面と同じ高さだと島が分かれるので通過2回、頂上が海面と同じ高さだと島ができないので通過0回とカウントしないといけません。つまり、線分の低い方の端を通過したらカウントし、高い方の端を通過したらカウントしません。だから1本目は0から4ではなく0から3まで足すのです。

でも、こんな足し算を普通にやっていると絶対にTLEします。じゃあどうしましょう?

データ構造で殴ればいいのです

遅延セグ木

ある列に対して連続する区間に対して更新(例えば加算)と取得ができるデータ構造です。なんかセグ木というデータ構造があって、その強い版らしい。

残念ながら、私の手元にはまともなライブラリがありません。Union Findすらありません。実装がめちゃくちゃ遅い人間なので、新しいデータ構造を実装すると絶対に間に合いません。理解するのも……私の頭では厳しい。天才なら一瞬で理解しそうですけど。

なんなら遅延セグ木を使うのも人生で初めてです。

どうせこういう有名な(少なくとも競プロでは)データ構造はライブラリが既にあるはずです。そう思って、いろんな競プロerがGitHubなどに上げている競プロ用ライブラリ(スニペット)を調べてみました。

しかし、どれもドキュメントがないんですね。そりゃ自分用ライブラリなので当然なんですけど。

万事休すかと思われたその時、私はとある記事を発見しました。

tsutaj.hatenablog.com

この記事が素晴らしいのは、実際にACしているコードのリンクを貼ってくれていることです。しかも、解いている問題がめちゃくちゃシンプル。クラス(C++だとクラスと構造体は同じ)とかメソッドの使い方を把握するにはうってつけでした。

実際、範囲指定は閉区間なのか半開区間なのかとか、0-indexedなのか1-indexedなのかとか、そういう細かいとこでハマらなくて済みました。

というわけで、遅延セグ木の部分をコピーして、 足し算を実装して、最終的な値を1つずつ取得して最大値を求めれば勝ちです。

76分消費してAC。この時点でだいたい160分経過していました。

最終的なアルゴリズム

  1. 高さのリストの前と後ろに0を追加する
  2. 頂点と谷間だけ抜き出すときに場合分けが煩雑にならないよう、連続する同じ高さのものを1つにまとめる(uniqueとeraseで)
  3. 頂点と谷間だけを抜き出す
  4. 座標圧縮する
  5. 遅延セグ木を使って足し算していく
  6. 全部足し終わったら1つずつ結果を取得して最大値を出し、2で割った商を出力する

ちなみに、一部の人を泣かせた「全部0」の場合も問題ありません。ステップ2の時点で配列の要素数が1になるので、遅延セグ木を使う前にループが終了してます。

E問題

bit全探索書こうとしたけど時間切れ。実装が遅い弊害がこんなところに。

教訓

遅延セグ木ってのは、ぶっちゃけAtCoder水色すら怪しいレベルの人(ふぁぼん)が使うもんじゃないです。遅延セグ木なんて知らなくてもレート1200くらいのレベルだったら全く問題ないです。マジで。

レベルが低いくせになまじデータ構造等の知識があると、素朴な解法を思い付かず実装等に無駄な時間を使うことになります。身の丈に合った道具を使いましょう。冷静に考えたら分かりますが、JOIのD問題に遅延セグ木なんて出てくるわけがないんですよ。

とはいえ、JOIは私みたいな実装が苦手なクソ雑魚プログラマには比較的向いていると思います。時間が3時間もあるし、調べ物だって許可されているので、初めて実装するアルゴリズムやデータ構造でもなんとかなる場合があります。

競プロ一切できないのに本選に行って案の定何もできずに100点取って帰ってきた前科が(2回も)ある私が言うので間違いないです。

というわけで、競技プログラミングができなくても(場合によっては)JOIの予選だけなら突破できることがあるという話でした。おしまいおしまい。

本当に?

ここまで読んで、「お前それアルゴリズムを思い付いた前提で話してるけどそこがまず無理やろ」ということに気が付いた人もいると思います。大正解です。
人によって得意な分野は様々なので、精進しないなら自分の得意なとこが出るように祈祷しとけばいいと思います。祈祷に頼るのが嫌なら精進しろ。悲しいけどこれが現実です。私は精進が面倒だったので祈祷しました。

私はDPが本当に解けなくて(精進してないので当然)、アドホックな感じの問題は比較的解ける傾向にあるようです。グラフは知らん。
だから、4問目ないし5問目でアドホックな問題が出たら予選通過できる可能性があるし、両方DPだったら絶対に落ちます。4年中3年も通ったのは運が強烈に良かったからとしか言いようがない。

そういや本選で解けた2017年のフェーン現象と2016年のスタンプラリー2、どっちもアドホックな問題ですね……

追伸

そういや2017年のフェーン現象、途中まで「これ遅延セグ木必要なのでは……?」と思ってました。でも考察の結果、隣との差を保持するだけで十分(要は累積和の要領)ということが分かったんです。詳しくは解説PDFを読んでください。

https://www.ioi-jp.org/joi/2016/2017-ho/2017-ho-t1-review.pdf

で、今回の問題も大して変わりません。こんなに似ているのに、解いている間は必死すぎて「これフェーン現象と似てるな?」ということすら頭にありませんでした。こんなんだからクソ雑魚なんですね。

今この瞬間、私は「前に解いた問題から学習するということができない最弱プログラマ」の称号を得ました。一生返上できない気がします。

穏やかで浄化されるきららアニメED曲 10選

この記事は、まんがタイムきらら Advent Calendar2018の12日目の記事です。

adventar.org

もともと書く予定はなかったのですが、書くネタを思い付いたので。

はじめに

きららアニメの曲と言えば、どちらかというと元気な曲を思い出す人の方が多いのではないでしょうか。
実際、OP曲はだいたい元気溌剌とした印象ですよね。きららジャンプしてるし。

しかし、それだけが「きらら」ではありません。人生に疲れたときに聴くと癒される(かもしれない)曲だってあります。

ぶっちゃけ、萌えに特化した元気可愛い曲より「普通の」アニソンが好きという私の個人的な趣味がだいぶ反映されてます。
澄んだ雰囲気のピアノ曲とか穏やかな曲とか好きです。趣味が合う人は握手。

本論

芽生えドライブ(ひだまりスケッチ)

きららアニメという境地を開拓した伝説的作品の1期ED。疲れたときに聴くと心が安らぐ曲。

ちなみに私は全部見ました。1期だけ。

流星レコード(ひだまりスケッチ×365)

ひだまりスケッチの2期ED。芽生えドライブと似た雰囲気があって大変良いです。

私は2期以降をまだ見ていません。

nora(ひだまりスケッチ×SP)

3期と4期の間に制作された特別編。音楽の知識が皆無なため、いい曲というコメントしかできません。

Affection(ゆゆ式)

ゆゆ式は神アニメです。これは自ずと自明に明らかな事実です。

ゆゆ式の最高なところは、何よりも3人の軽妙な会話です。会話がハイコンテクストなので、文脈を共有しない人(外部の人)には支離滅裂に見えちゃいますけど、実は全部繋がっているんです。

参考:

そして、12話中8話で終わりに流れるTekiPakiというBGMがこれまた素晴らしい。訓練されたゆゆ式ファンはこの音楽を聞くだけで終わりの予感に囚われ涙を流し始めるという俗説があります。
そしてこのEDへ。こっちも当然ながら神曲です。

え、まだ見てない? 見ましょう。6時間費やすだけの価値は十分にあります。12話見れば、あなたも訓練されたゆゆ式ファンになるでしょう。そして2期を求めて日々呻き続ける存在になり、1期をひたすらループして見たり原作を読み漁ったりする生活を送ることになるでしょう。知らんけど。

最後に、とあるゆゆ式ファンの名言を。私が今考えました

ゆゆ式には終わりがない。彼女たちの学校生活に終わりが存在しないからだ」

どういう意味か分からない人は「ノーイベント グッドライフ」で検索してください。ゆゆ式ファンが書いた優秀な記事がたくさんヒットするので、説明はそっちにぶん投げ任せようと思います。例えばこれ↓とか。

arukamugica.blogspot.com
jkjg.hatenablog.com

ED曲を布教してたつもりが、いつの間にかゆゆ式自体を布教してました。なんつってっつっちゃったね〜。

今年もゆゆ式 Advent Calendarやってますので是非読んでみてください。私は書いてませんが。

adventar.org

風の声を聴きながら(スロウスタート)

やっぱりEDが神。EDだけずっと聴いていたい。

もちろん本編も面白いですよ? でもこのEDがなかったらここまでスロウスタートを好きになることはなかったかもしれません。

www.youtube.com

ヨナカジカル(ステラのまほう)

この曲はアニソンの中ではかなり毛色が違って、Future Bassというジャンルを基礎にしているらしいです。
でも私には音楽の知識が皆無なので、語れることは残念ながら何もないです。

ところで、どうもアニメは爆死したらしいですね。確かに絵が特徴的で好き嫌いが分かれそうだとは思いました。
私自身アニメも嫌いではないのですが、ステラのまほうの真価は原作にあると思ってます。これはステまオタクの大半が同意するところでしょう。だから、とりあえず読もう。

ちなみに、「部長さんはネガティブで自己肯定感低いから闇深そう」というのは間違っていません。でも実はもっとヤバいのがいます。藤川歌夜、そして何より百武照に震えて眠れ。

ハーモナイズ・クローバー(がっこうぐらし!)

1話から3話、5話、9話のエンディング。浄化EDとの誉れが高い。曲が良いんだよな〜

アフターグロウ(がっこうぐらし!)

6話から8話、10話、11話のエンディング。こっちも浄化ED。聴いてるだけで泣きそう……

4人に幸あれ。これ以上語るとだいたいネタバレになるから語れません。

ふゆびより(ゆるキャン△)

ゆるキャン△の季節は冬。正確には晩秋という指摘もありますが、いずれにしても寒くなってくる時期です。

そんな冬の澄んだ空気感をこの曲は完全に再現しています。「素晴らしい」以外の感想がありません。特に今は冬なので、キャンプのこと考えずに聴いているだけでいい感じです。南半球に住んでいる人は……半年後に聴いたらいいんじゃないでしょうか。
え、赤道直下に住んでるから冬が来ない? ご愁傷様です。ゆるキャン△でも見て傷ついた心を癒してください。私はちゃんと全話見ましたよ? 最終話のEDで喪失感を覚えましたけど。

www.youtube.com

実際この記事を読んだ人で南半球ないし赤道直下に住んでる人はいないと思います。さすがに。

明日でいいから(あんハピ♪)

アニメ本編で幼い声で演技するのは普通に大丈夫なのに、歌になった瞬間若干の苦手意識が押し寄せてくるのが不思議。(あくまで個人の感想ですよ?)
でも全体としては浄化ソングでしょう。
なおアニメ本編は見てない。

おまけ

花雪(ハナヤマタ)

こういう凛とした(個人の感想です)雰囲気の曲が好き。まあ曲に限らず女キャラも凛としてるのが好きだし、これはもはや性癖でしょうか。
アニメ本編は見てない。

ぶっちゃけ「浄化ソング」に分類されるかは微妙な気がするので、一応おまけに入れとく。

夢ぐも(ひだまりスケッチ×ハニカム)

条件には微妙に合わないような気がしたからおまけ枠です。でもめっちゃ好き。にもかかわらずアニメは見てない。

きんモザのED

1期はYour Voice、2期はMy Best Friends。条件には微妙に合わない(気がする)けどどっちも良曲。

We took each other's hand(がっこうぐらし!)

練乳を〜奪いなさい〜(when you are by my side)
あんなパフェ~(I never felt)
そう、コンクリート(so complete)
フウーン

4話でしかEDとして流れてないし、流れ方が、ね?
まあ確かにめっちゃ穏かだし浄化されるけど、浄化されるのは我々の心だけではなかったのであった。

NO, Thank You!(けいおん!!)

あの「けいおん!」の2期後半のED。ひたすらカッコいいので挙げざるを得ない。今回の記事の条件には合わないけど、是非聴きましょう。そして「けいおん!」を見ましょう。

おわり

説明の文章量が偏りすぎでは? お前どんだけゆゆ式好きなんだよ

ステラのまほうNEW GAME!は全巻持ってます。ゆゆ式は途中まで、スロウスタートがっこうぐらし!は1巻も買えてません。糾弾するなら金をくれ

難波のウイグル料理店「ムカーム」とケーキ屋「サロン・ド・テ アルション」に行った話

私がロシアから帰ってきてから既に4ヶ月が経過した。

毎日スタローバヤでボルシチやサリャンカなどのロシア料理(他にもグルジア料理とか中央アジア料理とかも)を食べていた天国のような時間が終わり、我が祖国大阪民国に帰ってきて思うことは、何よりもまず食べ物が恋しいということだ。

大阪は確かに日本第二の都市だから(横浜は実質東京なので無視する)、ロシア料理というそこそこマイナーなものでも食べることができる。
確かにランチ営業している店が少なく、やっている店でもランチは種類が少ないというのが遺憾ではある。それでもトマトスープでない本場のボルシチを食せるというのはありがたい。
それに、大阪ではなく神戸の話になるが、摩耶駅前の水道筋商店街にはロシア料理の店(屋台風でテイクアウト専門)があって、安くて美味しいピロシキ(揚げピロシキだった)やボルシチペリメニが買える。

気軽にロシアに「帰国」する(した気分になる)ことができて幸せなのだが、残念なことにロシア料理以外はまず食べられない

正確には食べられないわけではない。梅田のモスクワプリュスシェミではディナー用のメニューにプロフやシャシリクがある。ディナーは高校生が 1人で行くには敷居が高いけど。

それでも、ヒンカリもハチャプリもラグマンも関西では(恐らく)食べられない。こういう理由で私はグルジア料理と中央アジア料理に飢えているのだ。

だから、難波にウイグル料理店があると知ったとき私は狂喜乱舞した。
ウイグル料理であるポロ(ロシアではプロフ)やラグメン(ロシアではラグマン)が食べられるなら、事実上私はタシュケントに行ったことになるのでは?
しかも、現地の味そのままなのだ。イルクーツクのスタローバヤ(ロシアの大衆食堂)で食べたラグマンやプロフよりも美味しいに違いない。

こうして私は知り合いのオタクを誘い、ウイグル料理店「ムカーム」の戸を叩いた。実際は自動ドアでした

ムカーム

f:id:fabonya:20181210160922j:plainf:id:fabonya:20181210160926j:plain
概観

店に入ってまず目につくのが奥にあるテレビだ。ウイグルの音楽(ウズベク音楽も混ざっていたが)を垂れ流していた。たまに広告が入るのはご愛嬌。

f:id:fabonya:20181210160930j:plain
ウイグル音楽らしきものを垂れ流しているテレビ

せっかく2人いるので、2人用セットを注文した。料理は1つの皿で出てきたが、取り皿もあるのでカップル専用みたいな感じにはならない。

f:id:fabonya:20181210160936j:plain
サラダと羊肉の水餃子

サラダは甘めのソースがかかっていたので普通にバクバク食べていたのだが、途中からたまねぎの辛さが効いてきた。私は辛いものが好きだが、たまねぎとわさびは苦手なのだ。

水餃子はラー油ベース(恐らく)のソースが美味しかったのだが、残念ながらたまねぎで舌がやられていたため辛いを通り越して痛かった。

f:id:fabonya:20181210160939j:plain
羊と鶏の串焼き

これもスパイスが効いていて大変美味。しかしながらたまねぎのせいで(以下省略

f:id:fabonya:20181210160945j:plain
ラグメン

そして(料理として)最後に出てきたのが安心と実績のラグメン。麺のコシが強く、さすが手打ちだなあと感心した。(手打ちだよね?)
しかも辛くないので安心して食べられる。たまねぎにやられた舌に優しい味が染み渡る……
辛いのが好きな人は辛さを自由に調節できるようになっており大変素晴らしい。

f:id:fabonya:20181210160948j:plain
デザート

最後にデザート。名前が知りたくてメニューを見たが「ヨーグルトのデザート」としか書いていなかった。水飴とかが入ってそう。

2人で2850円と若干高めだったが、値段に見合った分量と味だったと思う。中央アジアソウルフードであるところのプロフ(ポロ)は次回来たときに食べることにしよう。

サロン・ド・テ アルション

その後、同伴者の提案でケーキを食べに行った。ムカームからほど近い「サロン・ド・テ アルション」という店で、1階はケーキ屋で2階にカフェがあった。
この店はどうもフランス領らしい。さっきまで新疆にいたのに、あっという間に数千キロメートル移動してしまった。

私はミルクティーショコラを食べた。

f:id:fabonya:20181210160955j:plainf:id:fabonya:20181210160959j:plain
ミルクティーショコラ

どうでもいいけど同伴者が頼んだ紅茶に付いてきた砂糖が金平糖みたいでオシャレだった。でも私は社会性があるので食べなかった。

f:id:fabonya:20181210161004j:plain
砂糖

これが世間で言われているインスタバエってやつですか。

おまけ

207hd.com

崩壊したニッコーカメラ。

f:id:fabonya:20181210164808j:plainf:id:fabonya:20181210164812j:plain
ニッコーカメラ

オタクホイホイ@マルイ

f:id:fabonya:20181210164816j:plainf:id:fabonya:20181210164820j:plain
ご注文はマルイですか?

f:id:fabonya:20181210164824j:plainf:id:fabonya:20181210164829j:plain
ごちうさ等身大パネル

メグだけ明らかに位置と角度がおかしくない……?

世界人権宣言で見るスラヴ諸語の違い

これはThe 言語 Advent Calendar 2018の4日目の記事です。

adventar.org

まえがき

スラヴ語派は語派というだけあって語彙にもそこそこ共通性が見られます。でも実際、どれくらい同じでどれくらい違うのでしょうか?

たとえば、ロシア語はスラヴ語派に属しています。では、ロシア人が他のスラヴ語派の言語を読むことはできるでしょうか?

まあ、こういうのは世界中の言語に翻訳されている世界人権宣言で比較するのが良いでしょう。別に国連憲章とかでも良かったのですが。

1条がちょうどいい長さなので、こいつで比較します。「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。」ってやつです。

ちなみに、翻訳はここから検索できます。
https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/SearchByLang.aspx

Wikipediaのスラヴ語派のページでちゃんと調べたので多分抜けはないと思います。ソルブ語まであったのは正直驚き。

東スラヴ語群

ロシア語

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=rus

Все люди рождаются свободными и равными в своем достоинстве и правах. Они наделены разумом и совестью и должны поступать в отношении друг друга в духе братства.

ウクライナ

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=ukr

Всі люди народжуються вільними і рівними у своїй гідності та правах. Вони наділені розумом і совістю і повинні діяти у відношенні один до одного в дусі братерства.

ベラルーシ

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=ruw

Усе людзi нараджаюцца свабоднымi i роўнымi ў сваёй годнасцi i правах. Яны надзелены розумам i сумленнем i павiнны ставiцца адзiн да аднаго ў духу брацтва.

西スラヴ語群

ポーランド

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=pql

Wszyscy ludzie rodzą się wolni i równi pod względem swej godności i swych praw. Są oni obdarzeni rozumem i sumieniem i powinni postępować wobec innych w duchu braterstwa.

ソルブ語

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=wee

Wšitcy čłowjekojo su wot naroda swobodni a su jenacy po dostojnosći a prawach. Woni su z rozumom a swědomjom wobdarjeni a maja mjezsobu w duchu bratrowstwa wobchadźeć.

チェコ語

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=czc

Všichni lidé rodí se svobodní a sobě rovní co do důstojnosti a práv. Jsou nadáni rozumem a svědomím a mají spolu jednat v duchu bratrství.

スロバキア

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=slo

Všetci ľudia sa rodia slobodní a sebe rovní , čo sa týka ich dostojnosti a práv. Sú obdarení rozumom a majú navzájom jednať v bratskom duchu.

南スラヴ語群

ブルガリア

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=blg

Bсички хора се раждат свободни и равни по достойнство и права. Tе са надарени с разум и съвест и следва да се отнасят помежду си в дух на братство.

マケドニア

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=mkj

Ситe чoвeчки суштeствa сe рaѓaaт слoбoдни и eднaкви пo дoстoинствo и прaвa. Tиe сe oбдaрeни сo рaзум и сoвeст и трeбa дa сe oднeсувaaт eдeн кoн друг вo дуxoт нa oпштo чoвeчкaтa припaднoст.

クロアチア語

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=src2

Sva ljudska bića rađaju se slobodna i jednaka u dostojanstvu i pravima. Ona su obdarena razumom i sviješću i treba da jedno prema drugome postupaju u duhu bratstva.

セルビア

ラテン文字: https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=src3
キリル文字: https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=src5

Sva ljudska bića radjaju se slobodna i jednaka u dostojanstvu i pravima. Ona su obdarena razumom i svešću i treba jedni prema drugima da postupaju u duhu bratstva.
Cвa људскa бићa рaђajу сe слoбoднa и jeднaкa у дoстojaнству и прaвимa. Oнa су oбдaрeнa рaзумoм и свeшћу и трeбajeдни прeмa другимa дa пoступajу у духу брaтствa.

ボスニア

ラテン文字: https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=src1
キリル文字: https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=src4

Sva ljudska bića rađaju se slobodna i jednaka u dostojanstvu i pravima. Ona su obdarena razumom i sviješću i treba da jedno prema drugome postupaju u duhu bratstva.
Cвa љyдскa биђa paђajy сe слoбoднa и jeднaкa y дoстojaнствy и пpaвимa. Oнa сy oбдapeнa paзyмoм и свиjeшђy и тpeбa дa jeднo пpeмa дpyгoмe пoстyпajy y дyхy бpaтствa.

スロベニア

https://www.ohchr.org/EN/UDHR/Pages/Language.aspx?LangID=slv

Vsi ljudje se rodijo svobodni ter imajo enako dostojanstvo in pravice. Dana sta jim razum in vest, in bi morali drug z drugim ravnati v duhu bratstva.

考察(という名の戯言)

なんかめっちゃ文字数稼ぎみたいになってますね。ちなみに既に4000文字くらいです。リンクの文字数を除くと3000文字くらいでしょうか。

ウクライナ語、ベラルーシ語、ロシア語

ロシア語分かればウクライナ語も多少分かる、なんてのは幻想です。ネイティブならそうかもしれないけど、ロシア語学習者にとっては無理。おとなしくウクライナ語をやれ。

ロシア語のдруг друга(お互いに)はウクライナ語だとодин до одного(ベラルーシ語だとадзiн да аднаго)になるらしい。

ベラルーシ語のсумленнемの部分はポーランド語のsumieniemとほぼ一致してますね。ベラルーシ語の語彙はけっこうポーランド語と共通していると聞いたことはありましたが、実際そんな感じなんでしょうか。

西スラヴ語群

ポーランド語もチェコ語スロバキア語も全く分からないのですが、チェコ語スロバキア語は結構違うんでしょうか。有識者が待たれる。

南スラヴ語群

とりあえずブルガリア語とマケドニア語は明らかに違うので除外し、スロベニア語も違うのでとりあえず無視すると、残りのはだいたい同じです。まあもともと同じ言語だったし方言と正書法くらいしか違いがないのでは? 知らんけど。

まあ、いくらブルガリア語やマケドニア語とはいえたまに分かる単語はあります。文法は分からないので意味は取れないけどね。
(筆者はロシア語しかできないということを留意しておくこと)

最後に

ちゃんと知りたい人はこんなクソ記事読んでないでちゃんとした言語学(比較言語学)の本を読みましょう。ロマンス諸語やゲルマン語派ならともかく、スラヴ語派の比較言語学の本があるのかは知らんけど。

2018年11月に読んだ本まとめ

バルカンをフィールドワークする

バルカンをフィールドワークする―ことばを訪ねて

バルカンをフィールドワークする―ことばを訪ねて

ユーゴスラビアの国々、特にセルビアマケドニアに魅せられた筆者が言語地理学という武器とともにバルカン半島の複雑な言語事情と格闘するお話。

そもそも、あまり知らない国に行って苦労するという体験だけで面白さは約束されている。見知らぬ言語、文化、そして食べ物。
特に、言語についてのエッセイだけあって、言語接触とか言語連合とかの話がいろいろあって面白い。残念ながら私は言語学に詳しくないけど、それでも十分に面白かった。

あと、崩壊前後の(旧)ユーゴスラビアの雰囲気がよく伝わってくる。歴史としてのみ知っていたあれこれを実感を伴って理解できた。

「その昔、バルカン半島の片隅に、ひとつの国がありました」

嘘つきアーニャの真っ赤な真実

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

嘘つきアーニャの真っ赤な真実 (角川文庫)

これもエッセイ。歴史として知っていることを実感をもって捉え直す活動の一環として読んだ。ほんとは本の紹介のノルマを消化するために前から気になってた本を借りただけ

プラハとかルーマニアとかユーゴスラビアとか、そこらへんの話が主に載ってる。

亡命ロシア料理

エッセイ3つ目。オススメ。

yuyusuki.hatenablog.com

スターリンの将軍 ジューコフ

これも面白かった。

yuyusuki.hatenablog.com

ヘルシープログラマ

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

あのオライリーが出した健康についての本。動物が表紙の例のシリーズと完全に同じ体裁なので脳がバグる。

人体の仕組みを知り、上手いことハックして科学的根拠のある健康法をやっていきましょう。

どうでもいいけど、一部(全部ではない)の章題が「健康のブートストラップ」「アジャイルなダイエット」「健康のリファクタリング」とかそういう感じなのウケる。あと最後の日本語版特典「散歩とイングレス」がジワる。

旅行者の朝食

旅行者の朝食 (文春文庫)

旅行者の朝食 (文春文庫)

エッセイ4つ目。食道楽の筆者がひたすら食べ物について語るやつ。授業中に読んだのだが、ちょうどお腹が空いてきて大変だった。要は飯テロ注意ということ。

全部食べ物の話なのだが、話は多岐に渡る。つまり筆者のネタの引き出しが多い。

雑感

それぞれの本について書きたいことはいろいろあるんですけど、うまく文章で繋げることができない。普段Twitterで短文ばっかり書いてるツケが回ってきたのかも。
なんらかの訓練が必要だとは思うけど、いったいどういう訓練をすればいいのか……

他のは短いし雑なのに亡命ロシア料理とジューコフのだけ別記事になる程度に長いな。急に饒舌になるオタクかよ

「スターリンの将軍 ジューコフ」感想

スターリンの将軍 ジューコフ

スターリンの将軍 ジューコフ

伝説的なソ連の将軍であるジューコフに、今までのイメージに固執することなく迫った本。ペレストロイカソ連崩壊の後に公開された様々な史料を駆使し、誇張された神話を剥ぎ取り、複雑で矛盾に満ちた彼の人生を描ききったジューコフ伝の決定版。

前半はジューコフが軍人として栄達を重ねる様子を書いている。ソ連の戦史とか軍事、特に大祖国戦争(東部戦線、独ソ戦)に興味がある人におすすめ。
後半(といっても最後の1/4くらい)は戦後ソ連の権力闘争について書かれている。巨大組織内の権力闘争が好きな人におすすめ。

この本の一番の特長は、著者の公平で客観的な姿勢が随所で感じられることではないか。

たとえば、ジューコフ本人をはじめとする様々な軍人の回想録は重要な史料だが、さりとて100%無批判に受け入れられるものではない。他人を攻撃するために作り話を載せたり、自分をよく見せるために責任逃れをしたりと、そういう歪曲が多々見られる。
だから、著者は誰のどの史料に対しても批判的に検証し、歪曲の意図や理由を含めてできる限りの推論をしている。史料に相対する歴史家の苦闘が感じられて、単なる歴史マニアの私としては頭が下がる思いである。

我々はともすれば、わかりやすいメッセージ性を最優先したり、単純な物語に歴史を嵌め込んだりしがちだ。詳しくない分野は特に。
人間だから間違えるのは当然だが、それでも歴史マニアを名乗る以上、自分の理解が雑である可能性くらいはせめて常に自覚しておきたい。

あと、些末な話だけど、リーディヤ・ルスラーノヴァ(Лидия Андреевна Русланова)がジューコフとの関係(愛人とかそういうのではなく、政治的な話)を疑われて投獄されてるのは意外だった。確かに彼女はソ連でもめちゃくちゃ有名な音楽家・歌手だったし、前線でも士気高揚のためいろいろ歌ってたらしいのでジューコフと知り合うこともあっただろうけど。

リーディヤ・ルスラーノヴァは日本だとめちゃくちゃマイナーでWikipediaの記事すらない有様だけど、ロシア民謡を歌ってヒットしたソ連有数の歌手で、日本でも知られている代表曲はカチューシャ。解放直後(まだドイツ軍が完全降伏していない時期)のライヒスターク(ベルリンの国会議事堂)やブランデンブルク門でコンサートしてたりもする。(ロシア語版Wikipedia情報)
つまり日本における美空ひばりみたいなもんだろうか。知らんけど。

ところで、そのうちアニメ化されるかもしれない「連盟空軍航空魔法音楽隊ルミナスウィッチーズ」にリュドミラ・アンドレエヴナ・ルスラノヴァってウィッチがいるじゃないですか。モデルはもうお分かりですね?

「亡命ロシア料理」感想

この本は以下の要素から構成されています。

  • アメリカ(あるいは西欧諸国)の料理への愚痴
  • アネクドート的なユーモア、皮肉、ウィット
  • 故郷、そして懐かしい味への愛

簡単に言えば、亡命ロシア人が故郷ロシアの味をアメリカで再現しようとする話。



まず、文章がいちいち軽妙で愉快。私はクスっと笑える表現を文章にたくさん散りばめるタイプのウィットに溢れる文章が大好きで、この本の文章はかなり理想形に近い。作者も訳者もすごい。というかあの沼野充義先生が訳してるのすごい。私もこういう諧謔に溢れる文章を書けるようになりたい。

例えば、この本には「母国語のように愛しいタン」という章がある。ロシア語をやっている人ならピンと来る人もいるのではないかと思うが、元の題名は端的に"родной язык"だ。родной языкは母語という意味だが、роднойには「愛しい」、языкには「舌」という意味もある。

こういう言葉遊びを含めて、この本はとにかく秀逸。

ちなみに、明らかな駄洒落である「スメタナを勧めたな」の原題はсмысл сметаны(スメタナの意義)なので、これは訳者の遊び心。そもそも原作が洒落と皮肉、そして有名な詩や文学のパロディから構成されているので、こういう遊び心が違和感なく溶け込んでいる。


これは確かに料理エッセイだが、筆者の舌鋒は料理だけに向かうものではない。料理に絡めて、時には文明を批評し、時には文学や歴史を語る。まあ、そもそも料理は文化であるから、文化に言及せずに料理を語ることはそもそも不可能なのだが。
きつい文明批評を料理エッセイとユーモアのオブラートで包んだ……と表現するとちょっとまずいだろうか。読めば分かるが、筆者らの食に対する熱意というのはすさまじく、「テーマは文化論・文明批評です」なんてとても言えない。やはり、料理エッセイであり文化論や文明批評の本でもある、という説明が一番妥当だろう。


ああ、夜中にこんな本を読んで書評を書こうとした私が馬鹿だった。これでは飯テロを自分から食らいにいくようなものである。
レシピはちゃんと書いてあるので、料理に慣れた人なら作ることもできるだろう。私は残念ながら料理は得意でないので、おとなしくボルシチペリメニ摩耶駅前水道筋商店街のロシア料理店(なんとресторанではなくмагазинである)で買ってこようと思う。あそこの店は安くて美味しくてマジで最高。