天才クールスレンダー美少女になりたい

チラシの表(なぜなら私はチラシの表にも印刷の上からメモを書くため)

とある言語情報偏重オタクの世界観について

自分の世界に対する認識が他の人に比べて言語情報に依存しすぎている——そう気付いたきっかけは何だっただろうか。



確かに、昔からずっと言葉に飢えていた。

小学生の頃は国語の教科書を配られた初日に全て読んでしまったし、食べ物の裏にある成分表示を読むのが好きだったし、電車に乗れば車内広告を隅々まで読んだ。端的に言って、活字中毒だった。
どれだけ読んでも全く満たされなかった。三大欲求が食欲・睡眠欲・活字欲だった。

インターネットへのアクセスを得てからは、ルータの向こう側から降り注ぐ言葉の豪雨を積極的に浴びるようになった。
デイリーポータルZにドハマリしたし、中学生になってからはTwitterに張りつくようになった。Twitter廃人と化したのは代償としてあまりに大きかった気がするが、ともあれ活字欲は満たされるようになった。
そういえば、英会話学校の広告の欄外にめちゃくちゃ小さく書かれた「外国語の習得には日常不断の努力が必要です」みたいな注意書きを久しく読んでいない。インターネットで十分な量の言語情報が供給されるようになって、読む必要がなくなったからだろう。

でも、この程度の人はいくらでもいるはずだ。いくら言語情報に飢えているからといって、「見えている世界が言語に依存しすぎ」とまでは言えない。


本当のきっかけは、自分が文章以外の創作に対し抱いている矛盾し屈折した、内省するだけで嫌になるような感情の話だったと思う。

私は絵が一切描けなくて、音楽の素養もほぼなくて、そのことに対しかなりのクソデカ劣等感を抱えていた。一方で「それでも自分は文章を書くんだ」という矜持も一応あった。劣等感と表裏一体の矜持、本当にひねくれねじ曲がった自意識としか言いようがない。

ところがある日、能力ではなく、意欲と動機にふと焦点を当ててみたのだ。「私は本当に絵を描いたり曲を作ったりしたいのか?」
答えは一瞬で出た。いいえ、no、nein、нет、不是。

卵が先か鶏が先か。私が表現したいことが物語や情報など専ら文章向きだったから文章にしか興味を持てなかったのか、文章しか書けないから文章で伝えにくいものを表現したいとすら思わなかったのか。たぶん両方だと、私は勝手に結論付けている。

どうやら世の中には表現したいものが映像や写真的なイメージとして浮かぶ人がいて、私の想像もできないような方法で発想し表現しているらしい。ここ2年で絵を描く知り合いがぐんと増えて、そういう人々と創作について話す機会も爆発的に増えたので、割と頻繁にこのことを痛感している。

いや、イラストレータや映像作家といったビジュアル的な出力を生業とする人だけでなく、物書きにも映像タイプがいる。おそらく、「夕焼け、街を見下ろす丘、半泣きの少女」のような映像的イメージを起点として話を作るのだと思う。ちなみに私は基本的に台詞や地の文(シチュエーションにせよ語り手の感情にせよ)を起点に書いている。アファンタジアではないのでビジュアルを想像できないわけではないが、そのためには半ば意識的に頑張る必要がある。

他にも思い当たる節はある。

私は一応ワンマン同人作家なので、最低限のデザイン業務も必要に応じてこなす。ビジュアルデザインは当然ビジュアルの権化みたいなプロセスだが、自分は基本的に「これを見た人にどんな情報がどんな優先順位で伝わるか」しか考えていない。情報設計なら物書きにもできるし、むしろホームグラウンドとすら言える。
さすがに「この部分がガラ空きで不恰好では?」程度のことは考えるけど、正直自分のビジュアル的センスは信じていないので。おかげで色と形と配置と文字しか使わないマジの無機質デザインしか作れない。

自分で発案できないだけでなく、画像編集ソフトをどう使うかも見当がつかない。Inkscapeを前にすると(使ったことはないがAdobe Illustratorでも同じだろう)、私は翼をもがれた鳥も同然である。たとえ「こうしたい」という思念があっても、それを実現する能力がない。イラストでも、音楽でも、あるいは他の表現でも、同じことだ。

しかし、私はテキスト入力欄が出現している間だけは、翼を開いて飛べる。その様が美しいかはともかくとして*1、ともかく一応は飛べる。文字の配列とそれが表す木構造の間をある程度自在に行き来できるし、それぞれを操作することもできる。一般の自然言語だけでなく形式言語も扱える、つまりプログラミングも多少できる。


初めは離陸すらできなくとも、努力すれば空を自在に飛べるようになる。確かにそういう立派な人はたくさんいて、私はその執念にただ敬服するほかない。ただ、私はそうならなかったし、なれなかった。
たまたま空を飛べた怠け者は、地上で泥まみれになるのを嫌がった。怠け者が新しい飛び方を身につけることはない。




まあ、表現者としての自分が言語偏重なのは分かりきっていたことだ。しかし、あるとき気付いてしまった。
私のこの言語偏重の傾向は、表現する側に限らない。

思えば自分は一般のオタクに比べて絵単体から受け取れる感情が少なすぎるのではないか? 物語がセットになっていないと心を動かされないのではないか? というか文脈抜きのイラストに萌えた経験が少なすぎるのでは? 冷静に考えるとオタクがよく買ってるタペストリーとか画集とかの良さがいまいち分からないぞ? 性癖語りで毎回「こういう内面を持つキャラがこういう物語やシチュエーションに登場してほしい」ということを言っているけれど、他の人と比べてビジュアル的な要素に言及する頻度が異常に低くないか?

音楽に関しては、絵よりは幾分マシだった。この際メロディしかまともに聞き取れない音楽性の欠如は無視するとして、「このメロディが好き」みたいな感情は確かにある。それでもやはり歌詞という言語情報に偏って受容してしまう癖はあった。ぼっち・ざ・ろっく! がアニメ化したときは「ついに私も物語だけでなく音楽の話もできるぞ」なんて思っていたのに、気付けば私は結束バンド歌詞解釈マシンと化していた。



で、だからどうした、という話である。人間誰しも苦手なものがあって当然だし、実害があるわけでもない。なにが悪い

とはいえ、pixivやTwitterにはイラストが溢れていて、漫画や小説は大抵のジャンルにおいてイラストより少ない。いや、大抵めちゃくちゃ少ない。そうなると、自分はなんだかもったいないことをしているのでは、という気分になる。ビジュアルから得られるkawaiinessあるいは萌え、まあ言い方はなんでもいいが、そういうものを摂取できれば多少はオタク人生を豊かにできる気がする。

じゃあ実際どうするんだよ、と言われると非常に困る。本当に困る。

差し当たり、開き直って「全てを物語として消費してやる」という手はあるかもしれない。「萌え」とは違う方向性だが、ないよりはマシかもしれない。つまり音楽を物語にする逆YOASOBI、絵に挿話をつける逆小説というわけだ。

……オタクの大喜利かな?


まあとにかく、物語と結び付ける、あるいは結びついたものから始めるというのはそう悪くない案かもしれない。ライトノベルの挿絵とか、ノベルゲームのスチルやBGMとか、そういう物語を補完する要素に積極的に目を向けること。そうやって初めて、絵とか音楽とかを物語に従属させずに鑑賞できるようになるのかもしれない。特にノベルゲームは一枚絵だってラノベの挿絵と比べて遥かに力が入っているし、BGMの存在も大きいので、入口としては適切なのではないか。



というわけで、2023年はエロゲを積極的にやっていきます。今年もよろしくお願いします。

*1:そうして書くものの大半がTwitterというゴミ箱に流れていくのだから、正直美しいかというと首を傾げるほかない

陰キャならロックを聴け! ロシア編

この記事は「まんがタイムきらら Advent Calendar 2022」と「東京大学きらら同好会 Advent Calendar 2022」の13日目の記事です。(もう23日だが????? 遅刻にも限度がある)



「ぼっち・ざ・ろっく!」がめちゃくちゃ流行っているそうですね。ファンとしては嬉しい限りです。


さて、この記事は大人気きらら作品にこじつけた布教記事です。日本のロックバンドは全然知らないので*1、自分が普段聴いているロシアなどのバンドを列挙していきたいと思います。

陰キャならロックをやれ!」というのはやはり敷居が高いですが、聴くだけなら誰にでもできますし。言葉の壁超えてこう。

*1:アジカンとユニゾンってロックバンドですよね? だったらその2つはアニソン出してるので知ってますが……

続きを読む

TSG LIVE! 9 ライブCTF参加記

12月になり、どんどん寒くなってきましたね。私は冷え性なので、特に手足が本当に寒いです。温まりたい。

というわけで、冬の風物詩、激冷えCTF参加記の時間です。0完太陽で椅子を温め、寒さに負けない体を作りましょう。



この記事は、CTF Advent Calendar 2022とTSG Advent Calendarの3日目の記事です。

adventar.org
adventar.org

CTF Advent Calendarの昨日(2日目)の記事はkn1chtさんの「技術記事にGoogle Mapsを埋め込む方法」でした。

zenn.dev

TSGの方は3日目にして私がトップバッターですが……

要約

駒場祭(東大の学祭の1つ)の企画であるTSG LIVE! 9のライブCTFに青チームの一員として参加し、チームへの貢献0で終わりました。ライブCTFで椅子を温め0完太陽し地蔵となり激冷えするのは3回目、冬の激冷えCTF参加記の伝統も2年目に突入です。

youtu.be

(4時間48分15秒頃から。技術トラブルで冒頭が無音ですが……)


これまでのライブCTF参加記:

yuyusuki.hatenablog.com
yuyusuki.hatenablog.com

続きを読む

【全文公開】まちカドまぞく vs. ウクライナ語警察【Micare vol.1】

まちカドまぞく6巻に登場するウクライナ語の文章に、ウクライナ語を学ぶ筆者が真っ向から向き合います。 原文の和訳、精読、文法と語法の解説、そして間違っている部分の訂正を通じて、まちカドまぞくのよりよい理解を目指します。
※ロシア語などスラヴ諸語の知識は必須ではありませんが、あればさらに楽しめます。

この記事は、東京大学きらら同好会の合同誌『Micare vol.1』に寄稿した記事の再録です。当該同人誌の公開猶予期間(1年間)が過ぎたため、自ブログで公開します。

utkiraracircle.github.io

この本の他の記事も読みたい人は……もう増刷の予定も残部もないので、国会図書館に行ってもらえれば。2冊納本したので、関東と関西の両方に入ってると思います。


また、同時に発行した『#FindOurStars vol.2』寄稿の「ナナチカ探偵団と不可能な虹」「拝啓、海の向こうの空へ」も公開してありますので、よろしければ。前者は地理地学学園ライトミステリ(ナナチカ要素あり)、後者はノーベル物理学賞2021記念SSナナ(チカ)SSです。

www.pixiv.net
www.pixiv.net


また、今夏の夏コミ発行のまちカドまぞく評論合同にも「那由多誰何の倫理学入門」という文章を書きました。那由多誰何の思想を倫理学(哲学の一分野)の視点から検討し、今後の展開を考察する記事です。よろしければ通販で是非。

メロンブックス: https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=1564885
booth:
be-straighter.booth.pm

夏コミ発行の続刊『Micare vol.2』にも寄稿しています。「会員厳選!イチオシきらら」に星屑テレパスの布教文を寄稿したほか、「初恋*れ~るみすてり」と題した「初恋*れ~るとりっぷ」の二次創作SSも掲載してもらっています。きらら×時刻表トリックの新感覚トラベル(?)ミステリーです。こちらもよろしければ。

utkiraracircle.github.io



以下が本編です。誤植を修正したり注やリンクを追加したりした以外はそのままですが、致命的なミスはないはず。たぶん。

続きを読む

アキバ冥途戦争 3話 ロシア語書き起こし・和訳

いやね、今期はぼっち・ざ・ろっく! しか見ない予定だったんですよ。なんせ私は(きららオタクのくせに!)まちカドまぞくやスローループすら視聴完遂できなかったレベルでアニメが苦手なので。ぼざろだってここまでほぼリアタイできてるのが奇跡ってくらいですし。



……そのつもりだったんですけど、3週目にして、入ってきてしまったんです。

ロシア語アニメの情報が。

続きを読む

小学生でも分かる斜方投射

yuyusuki.hatenablog.com

小5か小6のころ「天国へのカウントダウン」で灰原哀が落下時間の計算をしているシーンにかっこよさを感じ、そこから力学にハマった——
そういうことを4年半前のオタク自分語り記事で書いた*1。「45度で投げると飛距離が最大になることを自力で『証明』した」とも書いた。


しかし、数学の必須道具の数々を縛られた小学生——たとえば、当時の私は三角関数なんて知らなかった——に、そんなことができるのだろうか。
いや、数学の道具だけの話ではない。そもそも、中高の物理学をかじっていない小学生は運動方程式を知らないし、そもそも素朴な感覚ではない物理学的な「力」の概念すら持たない。科学史を紐解けば分かるが、ニュートン力学における力の概念は決して自明なものではない。アリストテレスほどの知性ですら、正しく「力」を理解することはできなかった。
私は科学の本を好んで読んでいたから慣性の法則くらいは知っていたが、その程度だ。


この記事は、当時の自分が考えたことを記憶の範囲内で書き留めたものである。あくまで記憶だから、ここで書かれているふぁぼん少年(12歳)は現実の12歳の私よりも天才になっているかもしれない。何かを読んで知ったことなのに、誤って自分で思いついたことだと記憶している——これは大いにありそうなことだ。



結論から言うと、私は当然ニュートンほどの天才ではないから、ニュートン力学を発明したわけではない。力の概念をまともに理解したわけでもない。
「力」というものを考えず、単なる運動として斜方投射を捉える——要するに、力学というよりは運動学(kinetics)の視点に立ったのだった。それも、かなり天下りな方法で。

*1:今読み返すと文章が稚拙で顔を覆いたくなるが、まあ黒歴史なんて生きてれば当然生まれ続けるものだから仕方がない。

続きを読む